じぶんいろのしごと

Web サイト内
  特定派遣について

一般派遣というのはまず派遣会社に登録して、
それから仕事の期間中のみ雇用関係が生じます。
それに対して特定派遣というのは、
派遣会社に正社員として常用雇用(常用型派遣)されています。

このことによって正社員として派遣先で就業を行うことができる
雇用体制が特定派遣(特定労働者派遣)です。
特定派遣として働くためには厚生労働省からの許可を
取得しなくてはなりません。
一般派遣の届出を厚生労働省にしていて、
許可を取得していれば一般・特定派遣の両方で働くことができます。
しかし特定派遣届出のみ厚生労働省にしている場合は
特定労働者派遣としては働くことができますが、
一般派遣としては就業することはできません。


特定派遣のメリット

特定派遣のメリットとしては正社員ということです。
これにより特定労働者派遣では派遣社員というより、
サラリーマンとして働くことができます。

特定派遣業では賞与や有給を得ることもできまし、
仕事の能力によっては高い給料を得ることもできます。
特定労働者派遣業は一般的なサラリーマンのような、
とても安定した収入を得ることができる働き方といえます。

最近では企業が求める人材は技術や能力、
経験などを重要視する傾向にあるので、
技術系の専門的なスキルをもつ人材は
特に特定派遣として働きやすい状況だといえます。


特定派遣のデメリット

特定派遣は正社員ですので、安定した給料を受け取り、
安定した生活を送ることができます。
しかし特定派遣業も給与体制は実力にともなうことを
しっかり認識しておかなくてはいけません。
高い給料を得たいのであれば、しっかりとスキルアップを意識して
仕事に取り組む必要があります。
特定労働者派遣は正社員であるということで、その環境に満足してしまい、
向上することを忘れてしまうということが少なくありません。
特定派遣ではこのような意識のまま仕事を続けていってしまい、
「正社員・安定」という中で自分の可能性を小さくしてしまうことがあります。






Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.