じぶんいろのしごと

Web サイト内
  保険料節約術・保険料比較

生命保険料を節約

保険料というのははっきり言って高いです。
それに人それぞれ保険に対する考え方が違うので難しい部分でもあります。
ただ、このサイトを見てて安くしたいなぁと思っている人であれば、
保険の営業マンに保険を任せることはしないのが一番。

保険の商品はいろいろあるし、いざという時のために不安になり、
ついつい高い商品を選びがちです。
でも、保険料って 家の次に高い買い物だってこと認識してますか?

月々は数万円の金額でも、これを何十年と払い続けると大変な金額になります。
例えば毎月2万円の一生保険料が変わらないタイプの保険だとしましょう。
一年間で2万円×12ヶ月で24万円になります。
30歳の方で60歳満期(60歳まで払い続けるタイプ)だと30年間保険料を
支払うことになるので、24万円×30年で720万になります。
これが夫婦だとその2倍。軽く1,000万を超えてしまいます。

あなたは1,000万ものお金を支払うものを他人任せにできますか?
答えはNO!だと思います。

それだけではありません。
やはりどれだけ人がよくて信頼している保険営業マンの人でも、やはり商売。
高いものを契約してもらった方がその営業マンの株が上がります。
むしろ、保険を減額(保障を下げること)されると
保険営業マンの成績が減点もしは減給される可能性もあります。

いろいろ難しい世界ですが、自分や大事な家族のことです。
自分自身が納得して契約しましょう。
そして本当に必要な保険を選び保険をスリムにすることで
無駄な出費を抑えましょう。


保険料に対する考え方

保険ってなんで入るんだろう?って初歩的なことを考えた時にふと思いました。

もしもの時のために・・・

もしもの時ってどんな時ですか?
家族の誰かが亡くなってしまった場合、病気や怪我で入院する場合。
いろんなケースが考えられるのですが、
この不景気、家族が事故にあう可能性よりもリストラや、
給料やボーナスが削減されたりする可能性の方が高いのでは・・・。

と思ったのです。
やはり何かあった場合に必要なのは何といっても 貯蓄 です。

要するに、入院しようが保険に入っていなくても蓄えがあれば支払えるのです。
もちろんがんなどの大きい病気にかかり
長期入院を余儀なくされた場合は保険で補えれば安心です。
ただ、『一泊二日の入院から・・・』と売り込んでる商品が多い中、
ヒロ兄からすれば、1泊2日の入院費くらい出せるでしょ? と思ってしまうのです。

まぁこれは例えの話なので、
きちんとご自分で考えて判断しなくてはいけない所ですが、
高い保障が得られるということは高い保険料を払うということなのです。
その保険が魅力的なものであればいいと思います。

ただ、保険料として支払っている分を貯蓄しておいた場合、
そのもしもの時がなければ貯蓄としてそのままお金が残るのです。
保険で支払った場合は戻ってはきません。


『健康ボーナス』と言われているものは、結局そのボーナス分を
保険料に上乗せしてあるので、別に得でもなんでもありません。

保険料を計算してみるとそれがよくわかります。
頭の片隅にでも、保険と貯蓄は別物と入れておいてくださいね。

ただし、年金付きの商品や満期が近かったりする方は
話が別になる場合もあるのできちんと考えましょう。
さらに、バブル時代に今では考えられない利率の商品を契約している方は、
逆に今掛けかえをすると保険会社を喜ばす結果にもなりかねません。

なのでやはり、ご自分で ご自分にあった最低限の保障を選ぶ のが
節約にもなり一番だと思います。
決して勧められたままにはしないほうがいいでしょう。
勧められたものが魅力的でご自身が納得できるのであればいいんですけどね。


生命保険の種類

保険には大きく分けて終身型と更新型があります。
更新型は10年や15年などの単位で保険料が変わるもので、
保険料が始めは安くてのちに高くなります。
終身型は契約した時の値段が一生続きます。
総額でみると終身型の方が安くなります。
一生値段が変わらないということは一生保障が変わらないということです。

さて、これはどのようなことが言えるでしょうか。
保険を見直すタイミングや新規契約するタイミングで
一生その保障でいいと思えるものがあればいいですが、
保険は新商品が続々でます。
もし終身型で保険の見直しをすると、
見直したタイミングから保険料が一定に変更されます。
それなので、ずっとこの保障で納得ができれば終身型がいいかもしれませんが、
若くてまだどうなるか分からないという場合は更新型がいいかもしれません。

ただ、これに関してもご自身の判断で決めてください。
終身型で納得できればその方が安く済むのですから。

次に大きな保険の種類としては死亡保障と医療保障があります。
簡単に言えば、死亡した場合にもらえるものと、
入院や通院などでもらえるかの違いです。
これらは別の保険になっていたり、セットになっていたり様々です。
死亡保障と医療保障を別の保険会社にすることも可能です。

保険会社によって保険料も驚くほど違います。
ただ、安いからといってその保険飛びつくと、その保険会社がつぶれたときに
痛い思いをするのできちんと会社も考慮しましょう。
無料で見積もりできるので1度、
見積もりしてみると保険の感覚がつかめるかと思います。


生命保険

 保険スクエアbang! 生命保険一括資料請求サービス
一回の入力で最大17社(2009年1月現在)の資料請求・見積もりが可能です。
このサイトの「必要保障額」は使用しやすいのでお勧めです。
「必要保障額」とは、今あなたが死亡や病気・けがをしたときに
いくら必要なのかを計算したものです。
結婚、お子様の誕生、住宅購入など大きな生活環境の変化があれば
必要保障額をチェック
することをおすすめします。

資料請求・見積もり可能会社一覧
アフラック / アメリカンホームダイレクト / ジブラルタ生命 / アリコ / AIY /
オリックス生命 / あいおい損保 / セコム損保 / 全労災 / 損保ジャパン / DIY生命 /
チューリッヒ / 東京海上 / 都民共済 / 三井住友/ ライフネット生命 / 富士火災 /


葬儀費用を節約

 価格.com - 葬儀一括見積もり
なかなか分かりにくいお葬式の費用。
高齢化社会に伴い、今後より一層身近なものになっていくことだと思います。
当サイトは、お葬式の内容と金額を分かりやすく比較し、
複数の葬儀社に一括で無料見積りの請求を行えるサービスです。


自動車保険を節約

自動車保険料も会社によって大きく違います。
自動車保険で一番思ったのが、
保険会社の乗り換えをしても損しないということです。

というのも、 自動車保険の保険料は等級によって違います。
この等級は無事故だったりすると上がったりし、事故を起こすと下がったりします。
なので、何もなく過ごせば保険料は安くなっていきます。(限度あり)

ここでよく間違えるのが、
せっかく等級が上がったから保険会社を変わると損すると思われがちですが、
この等級、保険会社を変えても引き継ぐことができるのです。
よって同じ保険会社で毎年更新するのはとりわけ意味がないことなのです。

もちろん信頼できる保険営業マンだから・・・という人にはいいことだと思います。
ただ、 等級のために掛け変えを悩んでいるのは間違いなのでやめましょう。
特に自動車保険は安くて安全な会社に掛け変えるのが得策だと思います。


自動車保険

 比較.com 自動車保険一括見積もり
たった1回の入力で、複数の保険会社に見積り依頼ができます。
見積りにかかる時間は12分程度で利用も無料です。
自動車保険の種類や等級、主な割引やサービスについても解説しています。

見積もり可能会社一覧
富士火災 / アメリカンホームダイレクト / ゼネラリ保険 / ソニー損害保険 /
チューリッヒ保険 / アクサダイレクト / 三井ダイレクト / そんぽ24


節約・裏技・知恵
 家計簿をつけてみよう
 電気・水道・ガスの節約術
 家賃の節約術
 引越し代節約術
 保険料節約術
 時間の節約術
 無料サンプル節約術
 公的給付金・補助金を貰おう
 裏技情報総合






Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.