じぶんいろのしごと

Web サイト内
  電気・水道・ガス代の節約術

電気代の節約術

日本の家庭の電力の4割「エアコン」と「照明器具」で消費されているとのこと。
なので、ここをうまく節電ができれば月々の電気代も大幅に節約できることに
なります。

目的別の家庭の消費電力
1 エアコン 25.2%
2 照明器具 16.1%
3 冷蔵庫 16.1%
4 テレビ 9.9%
5 電気カーペット 4.3%
6 温水洗浄便座 3.9%
7 衣類乾燥機 2.8%
8 食器洗い乾燥機 1.6%
9 待機電力 10.0%
10 その他 10.1%

 照明器具で節電
家庭で最も簡単にできる節電は照明器具です。
まず、白熱灯を蛍光灯に変えるだけで大きな節電効果があります。
白熱灯の価格は蛍光灯の10倍。蛍光灯の消費電力は白熱灯の1/5以下で、
そのうえ寿命は10倍程度と、蛍光灯のほうが完全にお得
ということになります。

最近ではLEDを使った照明器具も登場してきており初期コストはかかりますが、
年間の電気代が蛍光灯に比べても断然お得になるため、
今後、販売価格が落ちてきたら狙い目ではないでしょうか。

 エアコンで節約
最近では家電量販店に行くと家電製品に貼られている「省エネ」ラベル。
省エネラベリング精度というものです。
ラベルが緑色なら省エネ性能の優れた商品(省エネ基準達成率100%以上)を
示し、逆に達成していないと黄色表示されています。
エネルギーを節約する省エネ型家電は、
いいかえれば電気代を節約できるということ。
家電製品購入の際は販売価格だけでなく、
ランニングコストを比べて選ぶのもお得です。



最近よく言われますが、
環境に優しく省エネなエアコンの設定温度は27度だそうです。
冷やしすぎ、暖めすぎに注意し、冷たい空気は暖かい空気より重いため、
足元のほうから順に涼しくなり、より冷たい空気は床付近に充満。
そのため無駄な電気を消費することになります。
空気を対流させて温度を平準化する機能がついてるエアコンを
選んでみるのもいいんではないでしょうか。

気温が高くても湿度が低ければ、案外過ごしやすかったり、
逆に冬などは気温が低くても湿度が高ければ多少寒さもやんわり。
湿度の調節ができるエアコンもいいと思います。

使用頻度が多いならランニングコストも考えて、
電気代のかからないエアコンを選択することをオススメします。

また、エアコン使用時は、フィルターを掃除したり、扇風機と併用したり、
就寝時などはタイマーを活用し、無駄な電力を使用しないようにすると
さらに節電できますよ。

 待機電力で節約
待機電力とは、その製品を使っていない時も消費している電力のことを言います。
待機電力は一般家庭の全消費電力量の約10%を占めると言われていて
エアコンを付けていない場合でも、コンセントにつないでいるだけで
電力を消費してしまうのです。
使っていない時も毎月、電気代を払うのなんてもったいないですよね。

この待機電力を防ぐには、コンセントを抜いたり主電源を切ることが有効です。
よく使うテレビやビデオなんかは面倒ですが、
時期によってはあまり使わないエアコンやトイレの暖房便座、
簡単にコンセントが抜ける場所にあるコタツや炊飯器などだけでも
コンセントを抜くだけで節約になるので実践してみましょう。

 冷蔵庫で節約
家で沸かしてつくる麦茶など、熱いまま入れてしまうと
その分、冷ますために電力を消費するので冷めてから入れましょう。
また、ドアの開閉も最小限することで電力を抑えれます。
どうしてもドアの開閉を大きくしたいかたは、冷蔵庫のドアをあけた所に、
透明シートなどでカーテンをつくれば冷気があまり逃げないようになると思います。
あとは、冷蔵庫内の冷気の通りをよくし、無駄な電力を使用しないために
詰め込み過ぎないようにすることや、設定温度を調節することでが大事です。
夏場は「強」か「中」、冬場は「中」か「弱」が目安です。

 掃除機で節約
フィルターが汚れていたり、ゴミパックが満タンのまま使用していると掃除機の
吸引力が低下し、無駄な電気代もかかるので、こまめにチェックしましょう。


水道代の節約術

 シャワーで節約
シャワーを17分出しっぱなしで利用すると浴槽1杯分に相当します。
1人暮らしで17分以下で入る人ならシャワーの方がお得です。

 お風呂で節約
お風呂の残り湯を使って洗濯や掃除に利用した場合、
年間では約7,000〜8,000円もの節約になります。

 トイレで節約
トイレで使用する水の量は1回につき約12〜13リットルもあるので
トイレで水を流すのはなるべく1回にし、
特に小大のレバーを切り替えて使用しましょう。


ガス代の節約術

 お風呂で節約
無駄にガス代を使用しないように、フタをこまめに使用したり、
湯温が冷めないうちに家族が間を開けずにお風呂に入るようにしましょう。

 電子レンジで節約
基本的に少量のお湯を沸かしたりするときは、
ガスコンロを使わず電子レンジを使います。
手間もかからず簡単で時間もお金も約1割お得になります。


通信費の節約術

 パソコンを使って電話代を節約
パソコン−パソコン間の無料ネット電話なら、
スカイプをはじめいくつもの会社がサービスを行っています。(IP電話)
自宅で行える英会話教室 も、
このスカイプを利用して行っている場合が多いです。
ヘッドホンとマイクをつけて、パソコンの画面で授業を受けます。


太陽光発電の節約術

 太陽光発電を使って電気代を節約
今は、昔と違って太陽光発電を 利用する会社やご自宅も増えました。
もし、ご検討したみたい場合は、
日本最大級の太陽光発電無料一括見積もりサイト が便利です。
30秒の入力のみで、最大5社に一括見積もりができます。


節約・裏技・知恵
 家計簿をつけてみよう
 電気・水道・ガスの節約術
 家賃の節約術
 引越し代節約術
 保険料節約術
 時間の節約術
 無料サンプル節約術
 公的給付金・補助金を貰おう
 裏技情報総合






Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.