カードローン比較【キャッシング徹底分析】 > 要担保

要担保

 

担保の提供を条件とするローンです(貸付)。

 

不動産を担保にする場合は、抵当ローン(モーゲージローン)、
動産を担保にする場合は、チャトルローン、セキュリティローン(証券担保ローン)などと呼ばれます。

 

担保というのは、借入金の返済ができなくなった場合に備えて、
予め借りた金額と同程度の物を提供し、債務の弁済を確保
するものです。

 

住宅ローンでは融資対象物件を担保とし、抵当権を設定します。
万一、弁済できなくなった場合には、金融機関が担保物件を競売
(家や土地・建物等の担保を処分する際、買い手に希望の値段をつけさせ、
最も高い値段をつけた人に売却する方式)し、その代価から優先的に債権を回収します。

 

このため、有担保ローンの審査は、収入や年齢のみならず、
担保についても融資額に見合う価値があることや第一順位の抵当権を
設定することなどの基準も満たす必要があります。

 

他に教育ローンでも有担保ローンを取扱っている金融機関もありますし、
消費者金融にも不動産担保ローンがあります。

 

担保提供を行うため、無担保ローンと比べると

融資限度額が大きい、金利が低い、長期返済が可能という特徴がありますので、

担保提供が可能であれば有担保ローンを利用した方が有利になるでしょう。

 

 

不動産担保ローンの特徴

1.低金利で大きく借りることができる。
 平均8%程度の金利で、数百〜数千万円の融資が可能です。
2.複数の借り入れの「おまとめ」もしやすく、返済管理が楽になります。

 

不動産担保ローン選びの重要ポイント

同じ物件だとしても、実はローン会社によって融資額が大きく変わってくる場合が多いのです。
比較もせずに選んでしまい、融資額や金利にガックリ・・・といったことが無いよう、
「2〜3社のローン会社に申込んでみて、各社の提示した条件を比較する」ことが
失敗しないための最大のコツと言えます。

 

教育ローン 無担保ローンと有担保ローンの比較例(A銀行の場合)
無担保型 有担保型
融資限度額 300万円 3,000万円
最長返済期間 14年 30年
金利(変動金利) 4.375% 2.875%

 

 

 

 

 

マネージメントサービス

実質年率

借入限度額

審査時間

3.4〜9.8% 5億円 最短3日

現在お持ちの不動産を担保に、まとまった資金が必要な方、
長期ローンにて低金利の無理のないお支払をご希望の方々に最適です。

 

不動産担保

「マネージメントサービス」の詳細はこちら

「マネージメントサービス」の申込はこちら

 

 

 

日宝

実質年率

借入限度額

審査時間

9.84〜18.0% 5億円 最短即日

不動産担保を取り扱う会社の中では老舗で実績のある会社です。

 

不動産担保 有価証券 借地権 共有持分 底地等

「日宝」の詳細はこちら

「日宝」の申込はこちら

 

 

 

 

ページの上に戻る


トップページ カードローン一覧
低金利で比較 審査時間で比較 限度額で比較 無利息期限付きで比較 キャッシングおすすめ