じぶんいろのしごと

Web サイト内
  メールマガジン(メルマガ)でアフィリエイトとは?
  メールマガジン=メルマガと呼ばれています

まず、メールマガジンというものがどんなものか知らない方のために、
メールマガジンというものは何なのかをお話しますね。
メールマガジンとは、略してメルマガと呼ばれていて、
今ではメルマガと呼ぶ人のほうが多いぐらいなんです。

メールマガジンというのは、まぐまぐなどの会社の発行システムを利用して
メールマガジン発行者さんがメールで自分の好きな情報を
配信できるものなんです。
メールマガジン発行者には、発行申請をして申請が通れば発行者になれます。
発行するのも、購読するのも無料でできます。

メールアドレスを登録するフォームにメールアドレスを入れて
登録ボタンを押せば、そのメールマガジンの情報があなたが自分で
解除しない限り、登録したメールアドレス宛に届くという仕組みです。

そのメールマガジンが週刊なら週に一回、日刊なら毎日一回ずつ、
不定期なら時々、自動的に情報メールが配信されてきます。

まだメルマガでアフィリエイトをするというイメージが浮かばない方は、
ヒロ兄が実際にメルマガを使ってアフィリエイトしている例を見て見ましょう。
広告のリンクらしきものが貼ってあるのがわかりますでしょうか。
それがアフィリエイトになっているんです(笑)。

まぐまぐとは、メールマガジン業界では最大規模の会社です。
集客力はメールマガジン業界最大で、何百万人もまぐまぐのメールマガジンを
読んでいる人がいますし、インターネットをやっている方はどこかで
まぐまぐの名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
しかし、年々、発行申請しても申請が通らないケースも増えてきています。

でも、下にリンクしてあるように、他にも無料で
メールマガジンの発行ができる会社がありますのでご安心ください。

メルマ melma!
めろんぱん

メールマガジンでアフィリエイトとは、
これらの会社の発行システムを利用させてもらって、あなたが発行者となり、
多くの方々に、自分でメールで発行した情報を読んでもらえるようにします。
そしてそのメールの中に広告のリンクを張って アフィリエイト収入をもらう事です。

メールマガジンを購読するのは無料ですし、購読はメールアドレスをいれて
購読ボタンをおすだけでOKです。もちろん、購読をやめるのも購読時に入力した
メールアドレスをいれて解除ボタンを押せば、すぐに解除できますし、
料金もまったくとられませんから安心です。

広告料をもらう目的ではなく、趣味で、たくさんの人に
自分の興味があることを書いて読んでもらおう!とか、
同じ趣味の仲間をたくさん作りたい♪などの思いで作っている方もたくさんいます。

「まぐまぐプレミアムメールマガジン」のように有料のメールマガジンもありますが、
(約月100円〜800円ぐらい)まぐまぐのページのものは全部購読も発行も
無料です。 (同じ会社ですが、有料と無料メールマガジンによってページが
わけられています。)

メールアドレスは、発行システムの会社にしか知られず、
発行者の元に届くことはありませんので、
発行者は購読者さんのアドレスを見ることができません。
だからメルマガを購読してもいたずら、迷惑メールなどが来ることもありません。

自分が興味があるものだけに登録できて、メールで自動的に配信されるので、
好きな情報がメールを受信するだけで読めますし、自分からホームページなどに
情報を見に行かなくても購読を解除しない限り、勝手に届きます。

手軽に情報が手に入る、とても便利なもので今はメールマガジンは
とてもたくさんの人の注目を集めています。
しかし、読んでいる人はたくさんいても、
発行している人は読んでいる人に比べて、たいへん少ないのです。

メールマガジンがどういうものか分かったところで、
あなたも少し読んでみたくなりませんでしたか(笑)
もしアフィリエイトをしたいとお考えであれば、
メールマガジンを知っておくことも決して損にはなりません。

最初に発行はしなくても、あなたの好きなメールマガジンを
無料購読してみることをオススメします♪


そして、システムが大体わかってきたら、あなたも自分の興味がある
メールマガジンを発行して、アフィリエイト収入を得たいと思うかもしれません。

人気メールマガジンにするのはかなりの努力が必要なので、
アフィリエイトをするならまずはブログかホームページをおすすめしますが、
そこらへんの週刊雑誌よりも、人気のあるメールマガジンを
一人で配信していらっしゃる方もいるほどです♪


 次ページへ

 アフィリエイトメニューに戻る






Copyright © 2009 - [ じぶんいろのしごと ] All rights reserved
Information on this site is for Japanese domestic market only.